膝の裏(膝窩)をゆるめる

こんな症状ありませんか?

 

膝がまっすぐ伸びない

正座をしようとすると、膝裏がつまったような感じがする

膝が変形している

前屈をしようとすると、腰が痛い(つっぱる)

 

写真にもありますように、膝裏には腓腹筋、膝窩筋、さらには靭帯や関節包などが付着しています。

膝がまっすぐ伸びないときは、膝の裏の筋肉が緊張してしまっています。正座するときに、つまった感じがする。
どちらの場合も、膝裏の筋肉が緊張してしまっています。

この膝裏が固まってしまうと次第に骨が外にねじれていき、O脚となってしまいます。

原因は、膝裏の外側が緊張することによって起こります。
その緊張によって、膝を曲げた状態からまっすぐ伸ばしたときに、すね(下腿の骨)の動きが制限されてしまい、外にねじれてしまいます。

それに加えて、膝裏と腰にはつながりがあります。

筋肉の膜もこのように、膝裏と腰は筋膜でつながっています。

例えば、下の写真のように前屈をしてみると、背中からふくらはぎまで伸びていることが分かります。

それは、腰の部分も膝裏の部分も含まれていて、上から下まで伸びていますよね?

この事から、腰と膝裏はつながりを持っていることが分かります。

膝裏を緩めることで、腰の筋肉の緊張をとることができます。

ひざ裏の奥までしっかり緩めていく。

そうすると、つまりが取れ、さらには骨を引っぱっている筋肉や腱の緊張も緩むので、ねじれも改善されていくのです。

 

自分で膝裏をゆるめるには…

当ホームページで紹介している【すみれエクササイズ】「ひざに効くエクササイズ」

でも紹介しましたが、この内ももを鍛えるエクササイズが、膝裏をゆっくり伸ばしていき、なおかつ下腿の骨が外へのねじれを内へと誘導し、ねじれを解消するエクササイズなので、おすすめです。

 

facebookボタン

twitterボタン

整骨院、鍼灸院、整体なら西宮・阪神西宮のすみれ鍼灸整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0798-33-9733

西宮市久保町10-26 メガロコープ西宮Ⅱ1号棟103
阪神電車 阪神西宮駅から、南へ徒歩約13分

ページトップへ戻る