顎関節症の原因

<顎関節症の原因となる生活習慣>

顎関節症でお悩みの方、以下のようなことをしていませんか?

①パソコンによる事務作業などを休憩をとらずに長時間していて、ふと気づくと上下の歯が接触している

 

②スルメやフランスパンなど、歯ごたえのあるものを食べることが多い

③寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをしている

④うつぶせ寝をしている

⑤硬くて高い枕を使っている

⑥よく頬杖をつく

⑦演劇部に所属していて「アエイオケコカコ…」と、口を大きく開けて発声練習を毎日している

⑧大学で声楽科に在籍していて、口を大きく開けて共鳴箱を大きくするように指導されている

⑨クラリネット、サキソフォン、フルートなどの管楽器の練習をしている

⑩ゴルフのコンペ、野球、ママさんバレーの試合で歯を食いしばる

⑪スキューバダイビングを定期的にしている

⑫オフィスの冷房のきつい場所で仕事をしている

⑬仕事での会議や接客業務で、緊張が長時間続く

 

⑭営業の仕事で電話をよく使うが、いつも受話器を肩にはさんでメモをとる

 

ざっといくつか書いてみました。

これらのことは、いずれも顎関節に負担をかけてしまっています。

 

顎関節症とは、どんな症状なのでしょうか?

 

・口を開けようとするとあごが痛い

・あごを動かすときに音がする

・あまり大きく口が開かない

・急にかみ合わせが変化した

・あごが閉じない

上に書いたような症状が顎関節症です。

色んな年代におこりますが、20~30代の女性に多くみられます。

顎関節の中はどうなっているの?

顎関節は、外側靭帯と関節包でおおわれています。

その下には、関節円板があります

この関節円板の位置のずれ(この場合は、前にずれている=前方転位)

ずれたまま口を開けると「カクン」と音がします。

ずれがひどくなると、関節円板は変形してしまい、口が大きく開けられなくなる

 

簡単ではありますが、顎関節症についてでした~

この続きは、次回書きます!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Email this to someonePrint this page
整骨院、鍼灸院、整体なら西宮・阪神西宮のすみれ鍼灸整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0798-33-9733

西宮市久保町10-26 メガロコープ西宮Ⅱ1号棟103
阪神電車 阪神西宮駅から、南へ徒歩約13分

ページトップへ戻る