身体のつながり(テンセグリティ構造)

テンセグリティ構造

テンセグリティ(Tensegrity)とは

Tensional(張力)とIntegrity(統合)の造語

建築の構造に関する言葉だそうです。

簡単に言いますと、「お互い引っぱり合う力によって支え合っているモノ」です。

このおもちゃは、テンセグリティ構造をしています。

3組の木の棒が、お互い平行で、かつ垂直に配置され、ゴムでつないでありま

す。

木の棒の先端からゴムが伸びていて、また別の木についています。

そのゴムの引っぱり加減がちょうどつり合って(引っぱり合って)、この形に

なっています。

木の棒には、曲げるような力は起こらず、ゴムに加わる力は引っぱりだけで

す。

 

身体でいいますと、木の棒は骨で、ゴムは筋肉です。

身体のある一部に刺激を与える(筋肉を引っぱる=筋肉を伸ばす)と、それに

連動して身体全体が動くというものです。

しかも、刺激を与えたとしても、身体全体でバランスをとろうとします。

例えば、この動作は、腰を曲げる動作です。

もちろん、腰の筋肉は伸びますが、腰の筋肉だけを使っているわけではあり

ません。太ももの裏のハムストリングや、ふくらはぎの筋肉、アキレス腱や

足の裏、足の甲…これが、どこまでも続いていきます。

腰を曲げる動作の時…

→意識を足の裏に集中してみると、足の裏がピンと引っぱられる感じがすると思

います。

→お腹に意識を集中すると、腹筋が縮んでいるのが感じられます。

 

このように、腰を曲げる動作でも、腰だけでなく、足の裏まで連動いている

ことが分かります。

しかも、倒れずに立っていられます(身体全体でバランスをとっている!)

※このガイコツは、模型なので右足にセロテープを貼って無理矢理立たせて

いますが…

 

これがちょうど、このおもちゃを押している状態とおなじなのです。

押す力によって、ゴムが伸びるところと、縮むところがでてきます。

形にひずみを出しながら何とか全体のバランスをとっています。

 

このことを、身体で例えると

この押す力というのが、身体の症状の原因となります。

でも痛みは、原因から遠く離れたところに出ることもあります。

その痛みの原因となっている箇所は、患者さんの姿勢や動作から割り出して

いきます。

 

身体はすべて、つながっており一部の動きはすべてに影響をおよぼすという

お話でした~

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Email this to someonePrint this page
整骨院、鍼灸院、整体なら西宮・阪神西宮のすみれ鍼灸整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0798-33-9733

西宮市久保町10-26 メガロコープ西宮Ⅱ1号棟103
阪神電車 阪神西宮駅から、南へ徒歩約13分

ページトップへ戻る