脳波に共鳴させる治療機器

当院で使っている治療機器に「VFアジャスター」があります。

世間一般ではなじみのない機器なので、「VFアジャスター」っていったい何?と思われていることでしょう。

このホームページでの「当院の治療機器について」のところでも書いてあるのですが、ちょっと分かりにくいので、この場でもう一度説明します。

「VFアジャスター」とは、簡単にいいますと

関節のロックを外して、脳へ「ここがおかしいですよ」と【振動】を送る機器です。

「トン、トン、トン」と音がします。

実際に治療しているところ

真正面からみると

工事現場の音みたいだと患者さんは、よくおっしゃいます。

刺激としては、すごく軽いものです。

ぜんぜん痛くありません!

この【振動】は、実は脳波に共鳴させています。

具体的にいいますと「トン、トン、トン」という間隔が脳波と同じなのです。

ここで、脳波について少し説明します。

 

脳は4ワットの電気エネルギーを発生させており、それは周波数によって主に次の4種類に分類されます。

 

ベータ(β)波…14~30ヘルツ

覚醒状態、目を覚まして活動しているとき、心身が緊張しているとき

 

アルファ(α)波…8~13ヘルツ

リラックスしているときの脳波、音楽を楽しんだり、空想を広げたりしているとき

「VFアジャスター」では、関節のロックの度合いが強くない場合にこの振動周波数を用います。

 

シータ(θ)波…4~7ヘルツ

浅い睡眠の脳波

「VFアジャスター」では、関節のロックがある程度強い場合にこの振動周波数を用います。浅い睡眠時には筋肉が弛緩しているため、この振動周波数を用いることで、身体をそれと似た状態にすることができます。

 

デルタ(δ)波…0.5~3ヘルツ

深い睡眠の脳波

「VFアジャスター」では、関節のロックがかなり強い場合や炎症が起きている場合にこの振動周波数を用います。この振動周波数を用いることで、脳内モルヒネが分泌されるため、鎮痛作用も期待できます。

 

…このような、脳波に共鳴した【振動】刺激を脳に送り、その情報が脳から身体へその本人にとって最適な骨格の位置を取り戻そうと伝わります(自然治癒力)

 

この、自然治癒力をうまく引き出してくれるのが「VFアジャスター」です!

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Email this to someonePrint this page
整骨院、鍼灸院、整体なら西宮・阪神西宮のすみれ鍼灸整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0798-33-9733

西宮市久保町10-26 メガロコープ西宮Ⅱ1号棟103
阪神電車 阪神西宮駅から、南へ徒歩約13分

ページトップへ戻る