「猫背」と「顎関節症」について

今回は猫背の姿勢と顎関節症の関係に書いて

みます。

猫背の姿勢ってありますよね。
こんな姿勢です。
この姿勢は、まず頭を支えている首の骨周辺
に異常がでてきます。
正常であればこんな弯曲です。
でも、猫背の姿勢だとたいてい、首の弯曲が
なくなってしまっています。
いわゆる「ストレートネック」といわれるもの
です。
こんな感じの姿勢です。
この「ストレートネック」の姿勢では、顎を前
に突き出したようになります。
このような姿勢になることで、顎関節症にも
影響してきます。
どう影響しているのかというと、
顎の下からのど仏あたりに付いている筋肉
(舌骨筋群といいます)が緊張して、下顎が
後ろに引っぱられます。
そうすると、口を閉めにくくなり、いつもポ
カンとあいているようになります。
そのあいている口元は、上の顎より下の顎が
奥に引っこもうとする力がかかるからです。
この力が持続的にかかることにより
顎の位置が変わる
噛み合わせが変わる
顎関節症
というふうになってしまいます。
顎関節症といっても、顎だけに問題があるの
ではなく、頚椎の骨の歪みも関係しているの
です。
…ちなみに当院では、頚椎を矯正する「VFア
ジャスター」という機器を用いて、頚椎の
並びを正常にしていく治療も行っておりま
す。
首の治療をしていくことで、顎関節の動きが
正常に戻され、症状が緩和するということも
あります。
お困りの方はぜひ当院へご相談ください。


整骨院、鍼灸院、整体なら西宮・阪神西宮のすみれ鍼灸整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0798-33-9733

西宮市久保町10-26 メガロコープ西宮Ⅱ1号棟103
阪神電車 阪神西宮駅から、南へ徒歩約13分

ページトップへ戻る