危険な「腰痛」「背中の痛み」「首、肩の痛み」を見分ける

 

腰が痛い、背中が痛い、肩が痛い、首が痛いなど…

手や足の痛みではなく、体幹(胴体)の痛み

 

こんな症状で、患者さんが来院されます。

当院では、日常の光景です。

 

そこで、患者さんに必ず質問させていただくのは、

 

「何をしたときに(どんな格好をとったときが)痛いですか?」

 

これは、何を確認しているかというと、運動器由来(筋肉)の痛みかどうか?

ということです。

 

例えば

動けないほど痛い→動いて刺激が発生するのは運動器(筋肉)、これにより痛みが増悪するのは間違いなく筋肉(靭帯)が原因の痛みです。

→当院で施術できます

 

動かしたら痛いのではなく、痛いから動かす。運動器(筋肉)に刺激を発生させたから痛いのではなく、痛いから身体を動かす。

これを、運動器(筋肉)の痛みと錯覚することがある。

→病院へ行っていただきます。

 

危険な「腰痛」「背中の痛み」「首、肩の痛み」

 

 

<自発痛=何もしないでも痛む>があるかどうか?

 

内臓由来の痛みは、発痛物質がだらだらと出続けます。だから、自発痛になりやすい。発痛物質が多くなったり少なくなったりするので、痛みに強弱があるのが特徴です。

 

自発痛を確認しやすいのは

 

布団に入ってから寝付くまでに、夜間痛があるかどうか?

 

だらんと寝ている姿勢は、楽な姿勢になっており、基本的に筋肉に刺激は発生しません。

 

この時に痛みがあると、内臓由来の痛みが疑われます。

 

※反り腰の人では、仰向けになって腰の筋肉が緊張して痛みの出る人もいます。これは筋肉の刺激による痛みと考えられます。

 

※寝入ってしまってからの夜間痛は、寝返りをするときに筋肉に刺激が入るので、筋肉の刺激による痛みか、内臓由来の痛みかが分からないので、寝付く前の夜間痛のほうを参考にします。

 

 

当院では、「腰痛」「背中の痛み」「首、肩の痛み」で来院された患者さんには、必

ずこれらを確認したうえで施術を行っております。

 

万が一でも疑わしいと思われる場合は、必ず病院へ行っていただくようにしておりま

すのでご安心ください。

整骨院、鍼灸院、整体なら西宮・阪神西宮のすみれ鍼灸整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0798-33-9733

西宮市久保町10-26 メガロコープ西宮Ⅱ1号棟103
阪神電車 阪神西宮駅から、南へ徒歩約13分

ページトップへ戻る