「身体の歪み」のメカニズム

よく最近、テレビや雑誌などで、「身体の歪み」という言葉をよく耳にします。本屋さんに行っても「歪み」に関する本はたくさん売られています。

「身体が歪む」というのは、いったいどういう事なんでしょうか?

人間の身体は、骨によってささえられています。これが大前提です。でも、骨だけだと、自分を支えることが出来ません。

例えば、鉛筆を机の上で立てても、ちょっとあたっただけでも倒れてしまいますよね?

それと同じで、骨も骨だけで身体を支えているのではありません。

支えているのは、筋肉が働いているからです。

骨を重力に逆らって支えているのは筋肉、一つの骨に対して筋肉は引っぱりあいをしてバランスを保っています。

ちょうど、こんな感じです。

上の写真は、まっすぐ骨が立っているので歪みのない理想的な状態です。

しかし、生活の中で色々身体を使います。偏った身体の使い方もするでしょう。そういったことの積み重ねで「身体の歪み」がでてきます。

筋肉が均等に骨を支えられなくなってしまいます。

上の写真では、筋肉の引っぱりあいのバランスが崩れてしまっています。

右側の筋肉が緊張、左側の筋肉が伸びきっています。結果として骨も右に傾いてしまっています。

 

この、左右の筋肉の引っ張り合いバランスの崩れが「身体の歪み」の原因です。

骨だけが勝手に歪むのではありません。

 

…これが「身体の歪み」のメカニズムです。

そこで、当院はどういう治療を行うか?

当院での治療の基本的な考えは、縮んだ筋肉を伸ばして、伸びた筋肉を縮めるというものです。

そうすることによって、身体を本来のあるべき状態に戻してあげることで、その人の持っている自己治癒力(自然治癒力)を最大限に引き出していくお手伝いをさせていただいております。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Email this to someonePrint this page
整骨院、鍼灸院、整体なら西宮・阪神西宮のすみれ鍼灸整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0798-33-9733

西宮市久保町10-26 メガロコープ西宮Ⅱ1号棟103
阪神電車 阪神西宮駅から、南へ徒歩約13分

ページトップへ戻る